Blog&column
ブログ・コラム

運送方法の種類について

query_builder 2021/10/09
コラム
11
運送の仕事が「モノを運ぶ事業」であることは誰もが想像できると思います。
しかし荷物を運ぶ方法はひとつではなく、色々な種類があるのをご存知でしょうか。
今回は運送方法の種類について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

▼国内における運送方法の種類
日本国内で運送を行うには、以下のような方法があります。

・トラック運送
・JR貨物による運送
・船による運送(内航海運業)
・飛行機による運送(航空貨物運送事業)

一般的によく知られているのが「トラック運送」です。
トラックに色々な荷物を積載して道路を走る姿は、普段から多くの方の目に留まっていることでしょう。
JR貨物(電車)や船、飛行機を使った運送事業も、荷物をスムーズに運ぶ上では欠かせません。
色々な種類の運送方法が存在していることで、国内の物流はいつでも止まることなく稼動していると言えます。

■どの運送方法を選ぶべき?
上記でご紹介したどの運送方法が適しているかは、運びたい荷物の内容によって異なります。
例えば振動を与えたくない物品は飛行機、大量の品物や液体を運びたい場合は船というように使い分けると良いでしょう。

とは言え、近年はトラック運送の技術が大きく向上してきているため、大抵の荷物はトラック運送で問題なく運ぶことができます。
精密機械やガソリンのようなの危険物などもトラックでの運送が可能ですし、陸路を走るため迅速なお届けが可能です。
株式会社テクノトランスサービスでも精密機械やイベント機材などあらゆる品物のトラック運送を承っていますので、ぜひご相談ください。

▼まとめ
日本は比較的狭い国土のため、船や飛行機よりもトラックのほうがスピーディに運送を行うことができます。
着々と進化していくトラック運送をご利用いただき、その便利さを実感してくださいね。

NEW

  • 運送業で働くにはどんな免許がいるの?

    query_builder 2021/12/01
  • 女性でも運送業のドライバーになれる?

    query_builder 2021/11/22
  • 運送業ドライバーは高収入って本当?

    query_builder 2021/11/15
  • 運送業ドライバーに向いている人の特徴は?

    query_builder 2021/11/08

CATEGORY

ARCHIVE